キッズモデルで有名になろう【オーディションにも種類がある】

MENU

売り込む時のポイント

レッドカーペット

注意しておきたいこととは

何かを売り込むときには下調べや準備をしておくのが鉄則ですが、タレントオーディションに応募するときも同じことが言えます。自分をアピールすることばかり考えてしまいますが、なぜその事務所を選んだのか、どの様なところに惹かれたのかなどはある程度説明できるようにしておきましょう。タレントとして抜きん出るためには、美しい見た目が重要だと考えられがちですが、トーク力やアドリブ力が求められるタレントだからこそ、見た目だけでは競争に勝てません。オーディションではそのことを踏まえて、アピールトークに力を入れたり、オーディションに参加した理由や意気込みなどをじっくり練って考えておいたほうが良いといえるでしょう。だれでもタレントになれるわけではありませんから、他の人と区別化・差別化を測るためにも、事務所への思いや分析などをしておけば役立つ場面もあるでしょう。ちなみに、オーディションでは誰かを悪く言ったりマイナスな言葉で人を責めて自分の高感度をあげようとするのはご法度です。相手を蹴落とそうとするハングリーさが買われることもありますが、それ以上に扱いづらい人間だという印象を与えてしまう可能性が強いです。タレントになる道やオーディションに合格する道に近道はありません。だからこそ自分そのものの力を鍛えておく必要があります。容姿はもちろんですが、トーク力や知識、また趣味を増やすというのも良いでしょう。自分の振れ幅を大きくしておくことはタレントとして活躍できるチャンスを増やすことにもつながるのです。

Copyright© 2018 キッズモデルで有名になろう【オーディションにも種類がある】 All Rights Reserved.